先払いを利用して資金調達

2022年新年早々、家の鍵を紛失するという大失態を犯してしまいました

2022年新年早々、家の鍵を紛失するという大失態を犯してしまいました | 必要とされる書類もなくなり、早ければ10分程度でお金が振り込まれます | 支払いも完了し、無事にお給料日に業者への支払いも完了しました

2022年新年早々、家の鍵を紛失するという大失態を犯してしまいました。
ネットで調べた業者さんはPayPayで払えるということで、PayPay残高はたくさんあったので安心して作業をしてもらったのですが、いざ終わってから支払いになると、実はPayPayの支払い用端末を持ってきていなかったので使えないという問題が発覚しました。
ちょうどお金もなかったのでとりあえず後日支払いをする約束をして、振込先などを聞いて支払いを待ってもらうことになりました。
ただお給料日までまだ少しあったため、金策として以前使ったことがある先払いを利用することにしました。
いくつか先払いは利用したことがあり、業者によって内容が少しずつ違っています。
例えばネット上で写真や絵画を購入し、業者とつながっている買取業者に転売することで70%程度の買取率でお金を貰い、給料日に業者に支払いをするというシステムのところや、iPhoneなどの端末を買い取ってもらうという約束をしたうえで先に送金をしてもらい、端末を送れなかったから違約金として送金してもらった金額プラスアルファを返済するというシステムのところなどがあります。
貸金業として見られないように業者側も様々な工夫をしているようで、数か月したら違う業態になっていたこともあります。
いくつか使ったことがある業者の中で、今回はiPhoneを買い取る約束をしたうえで送金してもらうシステムのところを選びました。
利用額は3万円受け取りで、45000円の支払いです。